ZawaWorks’s diary

ProcessingやNode.jsなどプログラミング技術の話をします。

ProcessingからNode.jsにテキストデータを送る

はじめに

 前回はProcessingがサーバー側でクライアント側のNode.jsがテキストメッセージを送ることを試みました。(前回の記事)今回は他の記事にもあるようなNode.jsからProcessingにテキストメッセージを送ることをnetモジュールを用いて行おうと思います。

 

コードを書く前に

  前回と同じくclientフォルダーとserverフォルダーを作成しました。clientフォルダーには「client.pde」、serverフォルダーには「server.js」というファイルを生成しました。今回Node.js側ではnetモジュールを使用するので、serverフォルダーに「npm install net」でnetモジュールをインストールしましょう。

 

コードを書く

 server.jsとclient.pdeのコードは以下の通りです。

 

server.js
var net = require('net');

var port = 3000;//適当なポート番号
var host = '127.0.0.1';//IPアドレス


var server = net.createServer((socket) => {
socket.on('data', (data) => {
console.log(`${data}`);//送られたテキストデータを表示
socket.write(data);
socket.pipe(socket);
});
socket.on('end', () => {
console.log('Server: Client Disconnected');
});
});

server.listen(port, host);

 

client.pde
import processing.net.*;

Client myClient;

int port = 3000;//server.jsで指定されたポート番号
String host = "127.0.0.1";

void setup() {
myClient = new Client(this, host, port);
myClient.write("Hello world!");
}

 

 実行

 まずはじめにserver.jsを「node server.js」で実行してから、client.pdeを起動させてください。コマンドプロンプトに「Hello world!」と表示されれば成功です。

 

 

引用元
naturalclar.com

Client::write() \ Language (API) \ Processing 2+